indoor training

【はみション問題】

本日は生後10ヶ月小型犬の初回ご相談に伺いました。

お悩みは、トイレに行ってくれるものの後肢がトレーに乗っておらず、結果的にはシート&トレーからはみ出してしまう、というもの。いわゆる「はみション」です。このお悩み、意外に多いですね。実は我が家のレトリバー「キャノ」も来て間もない頃はこのパターンでした。

この問題解決については、犬の行動パターンを見て対処していく必要があり、なかなか一筋縄にはいきません。今回も一度電話でアドバイスしてやってみていただいたのですが、結果としてはあまり直らない、それどころかかえってトイレに入らないでしてしまうことも増えた、とのことで急きょお伺いすることとなりました。 

ただ、飼い主様は迎え入れて早い段階から色々しつけに取り組まれていて、トイレもコマンドでできるとのこと。それなら話は早い!せっかくコマンドでできるのなら、できるだけコマンドでさせるように、そして目を離すときはケージに入れるなどして、勝手にしない時期をしばらく作るようお伝えしました。

他にも、活発で落ち着きなく、飛びつきもひどい、とおっしゃっていましたが、確かにジャンプ力もありよく飛びつくのですが、「ストップ!」と言えばピタッと止まります。まあ素晴らしい!こんなにすんなり止まってくれるのなら、これを利用しない手はありません。

本などを読み、ご自身でしっかりしつけていましたが、どれも「ほんのちょっと惜しい!」という感じです。決して無駄なわけではなく、むしろそれができている、しつけられているお陰でそれを利用して「あと一息」の手をくわえればいいので、結果としてはとてもアドバイスしやすかったです。

飼い主様にも、「よくしつけられているし犬も賢いから自信をもってくださいね!」とお伝えして、少し様子を見ていただくことになりました。一度しつけ相談を受けていただいて良かったです。しつけへの意識の高い飼い主様ですので、トイレ問題もきっとうまくいくと思います。是非頑張ってくださいね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中