おさんぽ, ほえる, indoor training, outdoor training

【むだ吠え 諦めないで!】

今回は、生後2歳のオス&生後4ヶ月メスの多頭飼いのお宅へ初回トレーニングに伺いました。お悩みはオス犬の無駄吠え「チャイムへの吠え」、そして散歩中の他犬への吠え&リードの引っ張りです。

メス犬が生後4ヶ月なので、今後お兄ちゃんの真似をして吠え始めるのではないかと心配しトレーニングを考えていた矢先、お散歩中に当方の生徒ワンに出会い、ご紹介にてお問い合わせをいただきました。

ご訪問時、チャイムを押すと早速聞こえてきた吠え声・・・・小型犬のため、少し声が高く響きます。前半様々なお話を伺った後に、実践トレーニング。飼い主様お一人だったため、最初は飼い主様にチャイムを押しに出ていただき、私が実践!いつも通り、音のしつけで対処します。たいてい1歳を超えた犬の場合、一度は音を使ったしつけをしたことがある飼い主様が多いのですが、ほとんどの場合「最初は効いたけれど、だんだん効かなくなってしまった」「一瞬は止むが、すぐに吠えてしまい殆ど効果ない」などとおっしゃいます。
これらはおそらく「初期対応は間違っていない」のですが、その後再発した(再度吠え出した)時に必要な対応をおこなっていないケースが殆どです。

これを指摘・説明できるのが、実践トレーニングです。

本やネットの文章だけでは限界があります。でもトレーニングすれば、半数以上の犬が1~数回のトレーニングで、吠えは半減!犬の性格によっては、殆ど吠えなくなってしまいます。 

今回のオス犬は、私の初回対応後、飼い主様が外で何度チャイムを鳴らしても、また選手交代し、飼い主様が在宅&私がチャイムを鳴らしても、一度も吠えませんでした。
吠えなくなった要因は「大きな音が瞬間的に鳴り、ビックリしたから」です。
そして、できれば数日間ご家族に協力していただき、チャイムを鳴らして対応する練習を繰り返していただくようお伝えしました。さらには、2~3週間後には吠えが復活する可能性があるのですが、その時の再度の対応と注意点をお伝えして、様子を見ていただくことになりました。

散歩でも一度ちょこんとリードを引いただけで、その後殆どリードを引っ張らなくなりました。残念ながら他犬には会えず外での吠えは確認できませんでしたが、今週末のグループレッスンにお越しいただくことになりましたので、また様子を見てみたいと思います。

チャイムへの吠え、あきらめている方も多いのですが、実際トレーニングをおこなった方は皆口をそろえて「もっと早くお願いすればよかった」とおっしゃいます。要求吠えとはまた意味が違いますが、警戒心からチャイムに吠える場合、殆どの犬では吠えが大幅に軽減する、と断言できます。諦めないで!是非一度トレーニングを受けてみてください。

ちなみに・・・・無駄吠え・むだ吠えと言いますが、彼らは必ず理由があって吠えています。
彼らにとっては決して無駄、ではないのです。ただ、人間社会で生活していくためには、ご近所迷惑も配慮して抑えるべき場面は多い・・・・あくまでも人間サイドの都合によるものではありますが、共存していく中でより楽しく心地よく居られるために、しっかり犬に教えて頂きたい、人間社会におけるルール&マナーです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中