パピー, care, indoor training

【 爪切り 】

4ヶ月パピーちゃんの、爪切りと服従姿勢のトレーニング。
大型犬なので、いずれは違う姿勢でもやれるようにしたいのですが、パピーのうちはひとまず脚の間に仰向けのポーズで慣らしていきます。

2週間前にこの服従姿勢のトレーニングをおこなった後、ご自宅でも時々やっていただいていたのですが・・・・いざその姿勢で、単に撫でるだけでなく爪切りをおこなおうとすると、やはり少し抵抗します。 

それでもすぐに押さえるべきポイントを少し押さえてキープすると、比較的すぐに落ち着き、またしばらくするとちょっと抵抗、また押さえて落ち着く・・・・これを数回繰り返し、徐々にリラックスして半分ほど爪切りしたところで飼い主様にバトンタッチ。
飼い主様では押さえるべきポイントが甘いので、どうしても余計に抵抗し、脚の間から何度か逃れてしまいました。抵抗しても決して「がんじがらめに力だけで押さえる」のではなく、タイミングや強さなど、注意点を再度お伝えして何度かチャレンジしていただきました。

ようやく飼い主様もコツをつかみ、抵抗しなくなったワンコ。「犬が疲れたから?」そう捉えられるかも知れませんが、飼い主様のポイントが甘いと、疲れていても犬は案外瞬時に動いてしまうものです。
飼い主様もこわごわながらも、残りの爪を全て切り、終了!後半はすっかりリラックスして寝てしまいました。実は力を抜いて飼い主に体を預ければ、実はと~ってもリラックスして心地よいこの姿勢。パピーちゃんもその良さに気付いてくれたのかも知れません。

我慢するべき時にはしっかり我慢することを教え、ちょっと落ち着けば「いいことも待っているよ!」と早く気付かせてあげたいものです。

今後も、1回におこなう時間を短くし、徐々に様々なお手入れ行為に慣らしていきましょう。短毛種ですから、シャンプーに出すこともありませんので、爪切り・肛門腺絞り・耳掃除くらいはご自身でやれるようにしておきたいですね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中