private

【モノにこだわる】

先日娘と久しぶりに図書館へ行きました。

娘が本を探している間に、私もいつも行く情報系の本が並ぶコーナーへ。このコーナーでは、いつも読みたい本がすぐに何冊か見つかります。
この日もすぐに1冊のタイトルが目に留まり、他の本には目もくれずすぐに借りることを決めました。タイトルは・・・・

「モノは好き、でも身軽に生きたい。」

私は、割と物を捨てられない質です。
日々生活する中で特に苦手な(好きでない)類の家事をおこなう際、なぜそれが苦手な(好きではない)のか?を考えると、行きつく原因は物の多さ。だと感じています。

実は一人暮らしを始めた頃から収納スペースの空間利用には割と自信があり、余すことなくスペースに物を詰め込んで満足していましたが、実はこの詰め込みが原因で物を取り出す手間、探す手間が増え、結果家事負担が増えてしまっていました。 

そんな中で一昨年、「断捨離」に興味を持ち本を買ってみたりもしましたが、服を整理しキッチンを整理したところで一時停止・・・・その後もやれる時に細々とやってはいるのですが、まだまだ整理しきれないので、スッキリとしたシンプルな部屋には程遠い状態です。物が多ければ「片付け」という仕事がより比重を増すことにもなります。

そうは言っても現在は、基本あまり物に興味はなく、新たに買うことは殆どないのですが、結局以前からの物の多さ、そして私以外の家族の物がじわじわ増えていくことが主な原因です。自分の物では、以前飼っていた大型犬の物はそのままに現在小型犬を飼っているため、大型犬のグッズも沢山。まあこれは仕事で使うのでいいのですが・・・・

とにかくシンプルな部屋にあこがれ、物を増やさず減らす努力をしているつもりなのに、どうにも減らない、スッキリしない・・・・自分は殆ど物欲もなく、買わず増やさず暮らしている「ハズ」なのに・・・・

この本には、「物を買う時には本当にお気に入りに出会うまで買わずに、欲しいものに出会えるまでとことんこだわろう。」「買うと決めても、3回は本当に必要か考えよう!」などと書かれていました。
そこまでこだわって買ったものなら大切にするから、いずれ断捨離の対象になるようなこともない。という感覚です。

「ここにこれがあったらちょっと便利だよね。とりあえず買っちゃおう!」という発想で行動しない、ということです。

これを読み、ハッとしました。
自分はあまり物欲がない、欲しがらない人間。だと思っていましたが、そんなことはありません。本当は欲しいけど、あと1歩!の決め手に欠ける。とか、やっぱり物が増えるからやめておこう!とか。そんなことを考えて、殆どの場合購入を踏みとどまっているだけ。初めから欲しくないわけではないのです。そのため、100円ショップ、割引週間の時やネットサーフィンで安く見つけると、思わず買ってしまう事もありますが、確かに・・・・その様なときに買ったものの半数くらいは結局使えていないかも・・・・

かたや、本当にこだわってこだわって吟味して購入したものは、長く使い続けています。自分の今までの一番の高価な買い物。26歳で初めて新車で購入した愛車は、昨年で購入から20年を越えました。

voyager2-e1538204440645.jpg

そう。本当に必要と感じ、何度も吟味して色も形もこだわって購入したから、今でも買い換えたいと思わないのです。これが、たまたまちょっと安く売ってる車を買っていたら、恐らく今も持ち続けてはいないと思います。

断捨離をしながらも、こだわりのお気に入りの物を必要な分だけ迎え入れ、家の中をスッキリとシンプルにして行けたら・・・・まずは断捨離が苦手な私ですが、この本に出会い、ただ捨てるだけではない。一つ一つにこだわる、という考え方を知りました。沢山の物に目をやりあれもこれもと欲しがり飛びつくよりも、一つにじっくり時間をかけこだわり、迎え入れ、限られたお気に入りの物だけを厳選していけば、お手入れも行き届きより長持ちさせることにも繋がることでしょう。根本的な考え方を改めさせられました。

また、少しずつ断捨離頑張ります!

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中