basic, outdoor training

【より正確な動きが必要】

2ヶ月ほど前に新たにやってきた弟ワンコが生後4ヶ月で預託訓練へ。
弟に負けじと生後8ヶ月~週2レッスンを開始したゴールデンRの女の子。

飼い主様も、胴輪から首輪に替えて臭い嗅ぎなどが随分改善されたとのことで、現在も一応胴輪を付けてはいますが、ほぼ使わなくなりました。
初日の訪問で若干の肥満も気になりダイエットをおススメしていましたが、ふと気づくと随分シェイプされてきた印象。フードを減らし、低脂肪な部位のお肉を入れていると思います。

預託訓練の弟に差を付けられまいと、トレーニング中少しおやつを使っていますが動きはとても良いです。ただ、おやつを使う場合に要注意なのが手の位置。おやつを持った手の位置が悪いと、すぐに犬の動きに影響が出ます。

現在、月1のみレッスンをおこない訓練試験受験を目指しているワンコがいますが、おやつを見ると大興奮!し過ぎて、動きがチャカチャカ?ガチャガチャ?でも、私がリードで抑制しながら声掛けなども落ち着いておこなうと案外冷静に動ける・・・・飼い主様が若干焦ってしまうようです。「マテッ!マテ!」と何度も声を掛ける癖などもあり、おやつを使い興奮しすぎてしまうワンコではその分、ハンドラーに「より正確な」動きが求められます。

制御が難しい活発なワンコでは、最初からリードとおやつ両方のコントロールは難易度が高く、犬の動きによってはおやつの導入には注意が必要かな?と思います。

こちらのゴールデンちゃんは、今のところ順調です。弟くんは預託のため毎日トレーニング。こちらは週2回のみ。でも、それほど大差なく仕上げたい。私も若干のプレッシャーを感じながら日々トレーニングしております。

広告