ほえる, パピー

【お久しぶり~!】

十年以上前、トレーニングに伺っていたお宅からお久しぶりの電話がありました。そのお宅には先住犬のSハスキーがいましたが、その後Aマラミュートを迎え入れ、初めての犬種とのことでトレーニングをおこないました。

今回は、マラミュートが亡くなって2年ほど経ち、当時同居していた娘さんが、隣家にて新たにハスキー犬を迎え入れました。それまで代々3匹のハスキーと1匹のマラミュートを飼ってきましたが、以前は常に先住犬がいて、その子たちが子犬を上手に教育してくれていたようであまり手がかからずに来たため、今回先住犬がいない状態から迎え入れたところ思いがけず手がかかり、どうして良いかわからずヘルプのご連絡をいただきました。

ケージの前に座ると、初めは嬉しそうにクンクン言っていましたが、間もなくワンワン吠え出し、それでも私が飼い主様と話し続けていたところ、かなり強い声で吠え出しました。吠えながら今度はケージの網を噛み、猛アピール!かなり強気の雰囲気で「もしかすると本気で怒っているのかも?」と感じるほどの態度で、飼い主様も「こんなに強く吠えるの初めて見た!」とおっしゃるほど。それでも吠えている間無視していたところ、15分くらい?でようやく落ち着き、ふて寝状態に・・・・

「いつもはここまで待たせていなかった・・・・」 “【お久しぶり~!】” の続きを読む

ほえる, indoor training

【シーン・・・・】

吠えの問題にお悩みだった生後8ヶ月、シュナ2頭飼いのお宅。
初回トレーニングでは主に、先に良く吠える子(Uちゃん)を集中的にトレーニングしたのですが、その子が落ち着いたとたんあまり吠えなかった子(Aちゃん)の吠えが目立ってきてしまい、1週間後、今度はAちゃんへの対処を主として、もう一度トレーニングにお伺いしました。

到着して私がチャイムを押すと、「シーン」・・・・

何も聞こえてきません。
前回は到着して荷物を準備している段階から甲高い吠え声が聞こえ、さらにチャイムが鳴った途端の反応はかなりのものでしたので、あまりの静けさ&変わりように私も驚きました! “【シーン・・・・】” の続きを読む

ほえる, パピー, indoor training

【他犬に吠える】

Mシュナ8ヶ月の姉妹、2頭飼いのお宅へ初回トレーニングに伺いました。

Mシュナと言えば、その相談内容のほとんどは「吠える」こと。
特に他犬、訪問者に吠えるパターンが多いです。

今回は2頭飼いですが、この場合必ずどちらか一方が言い出しっぺ。そしてもう一方はそれに便乗?して吠えますので、まずは1匹1匹別々にトレーニングするか、あるいは2頭引きの場合には、言い出しっぺの方のリードをしっかりと持ち、そちらのトレーニングだけに徹して対処していきます。

訪問時には、2匹揃ってかなり甲高い吠え声を出し会話もままならない状態でした。そのため、最初にしっかりと対処しようと心していたのですが・・・・シュナちゃんは、元気良く吠える割には案外繊細な性格の持ち主。

チャイムを鳴らし、音の対処ですぐに効果が出ました。ご主人様の出入りでも興奮して吠えるとのことでしたが、喜んでフェンス越しに行っても、吠えないよう今後の対応をアドバイス。
その後散歩に出てみましたが、殆ど犬に遇えず・・・・1匹だけ遇えましたが、相手が吠える子でした。でも、シュナちゃんは吠えずにいられましたよ!

その日の夜、早速飼い主様からご報告のメールをいただきました。割愛してご紹介いたします。 “【他犬に吠える】” の続きを読む

ほえる, basic, indoor training

【やはり手の位置が重要】

本日は、チワワ系Mix、推定6~7歳の保護犬を迎え入れたお宅へ、2回目のトレーニングに伺いました。

前回は、チャイムなどに吠えてしまう問題をメインにトレーニングしましたが、それからちょうど1ヶ月、吠えはかなり改善され、今回は私もチャイムを押して様子を見ましたが、吠えられませんでした。室内に入った時には若干吠えますが、対処方法を得たことで犬も随分と落ち着いてきた印象です。

今回は普段同居していないご両親との関係改善がメインでしたが、過去、初日にお父様がいきなり抱き上げて怖い思いをさせたことがトラウマになっている様子だったため、お父様がおやつをあげて「いい人」印象を持たれるよう試みることに・・・・おやつには反応がいい子だったため、この作戦はかなり効果がありました。

「オスワリ」をさせておやつをあげますが、すぐにできるようになってきたので、「オテ」も教えたいと、今度は飼い主様にバトンタッチして「オテ」の練習をしてみました。とても頭が良く覚えの良い子で、間もなくできるようになってきたのですが・・・・気持ちが焦って?両手が上がるようになってきてしまいました。でも、おやつの手の位置、高さを調整するとちゃんと両前脚をつけることができます。また、手を出す際の位置によっても犬の前脚の出し方が変わり、おやつの手の位置や、指示の手の位置の微妙な違いで犬の動作が変わってしまうため、さらにより正確な動きが必要とされました。

おやつを使うとどうしても犬は気負ってしまいます。覚えは早く動きは良いのですが、正確に、またおやつはできるだけ素早くあげるよう心がけないと、動きがぐちゃぐちゃになってしまう事もあります。自己流でうまくいっていない方も、是非、改めて手の位置やあげるタイミングなどを良く確認してやってみてくださいね。

 

ほえる, outdoor training

【週末グループレッスン】

本日は、隔月開催の週末グループレッスンでした。

img_4349

今回は大型犬4・小型犬6。9組の飼い主様がご参加くださいました。
最も若いのは大型犬2匹。生後9ヶ月のボクサー犬と生後4ヶ月のダルメシアン、街中でもなかなかお目にかかれない犬種です。

ボクサー犬は、ほぼ初散歩の時期に小型犬にメチャ吠えられ、以後犬を見るとこちらから興奮して吠えるようになっていましたが、5月のグループでは少し慣れ、以後お散歩の様子も良くなってきていたので、今回もさらに慣れてくれれば、と願っていました。

いざ来てみると、前回よりも落ち着いていて他の犬にも一切吠えることなく、興奮度もだいぶマシになっていました。おそらく前回は、飼い主様もかなりテンパっていたのだと思います。遊び好きのラブラドールRやジャックラッセルTなどもいましたので、皆と楽しく過ごせました。犬への第一印象が悪かったので、それを払しょくさせてあげたくて、是非とも慣らしてあげたいと願っていましたが、本当に随分よくなっていて予想以上の効果にこちらも一安心。

犬=楽しい仲間だと気づいてくれれば合格です。これからも楽しい時間を過ごせるよう、参加を続けていただければと思います。

ほえる, トイレ, goods, indoor training

【100円ショップでもOK!】

ちょうど1歳の、小型犬Mixのお宅へ初回トレーニングに伺いました。

飼い主様はしつけに失敗したとおっしゃっていましたが、主なお悩みはトイレと音に対する吠え。特にご帰宅の遅い飼い主様の音に対し吠えてしまい、他の家族にかなり負担をかけてしまっているようです。まずはこの週末中に何度か吠える場面をあえて作って対処し、いざ平日夜のご帰宅前までにベース作りをした後、ご帰宅時どのように対処するかをお伝えしました。
次回のご報告まではちょっとドキドキです。

トイレの方は、する場所に統一性があったため、現在のその癖をうまく利用して対応する様、お伝えしました。その際、行動範囲は狭い方が教えやすいので囲いを用意することがお勧めなのですが、飼い主様宅にはすでによい柵が使用されていました。

img_4338

こちらの柵、部品まですべて100ショップで売られているものなのだそうです。(網は100円ではないかも?とのことでした)犬専用用品は、確かに丈夫なのですが、案外お高い!そして丈夫なので重く、結構動かすのも重労働です。そこへ行くと、ちょっと一時的な囲いとして利用する程度であれば、これくらいで十分だと思っています。

私は別に、購入しなくても段ボールや家具移動、スーツケースなどの利用でもうまくやれれば構わないとお話ししています。でも、100円ショップで手に入るなら良いですよね?気になった方は是非お店を覗いてみてください。

ほえる

【厳重警戒?】

土曜日に、迎え入れて2ヶ月の、6~7歳の保護犬のお宅へ伺いました。

音に対しとても敏感で吠えてしまう、またお散歩中も人に話しかけられると吠えてしまうとのことでうかがったのですが・・・・玄関前に立つと「音に敏感な犬がいるためチャイムを切っている」との張り紙がありました。なかなか厳重警戒です。どれだけ吠えるかと心配しましたが、吠えるレベルはまあ通常の小型犬レベルで安心しました。

トレーニング後はチャイムの音が鳴るように戻したようですが、今のところはうまく対応できているようです。

ただ、ある程度おさまっていると、1~2週間ほど経つと飼い主様も徐々に気を抜き始めてしまうものですが、ちょうどその頃犬も慣れてきてやや再発傾向が見られます。この時期に、再び初期対応ができるか否かでその後の様子が随分変わりますので、その時期を過ぎるまではまだ気は抜かずにいていただければと思います。

おさんぽ, ほえる, トイレ, パピー, indoor training, outdoor training

【もうすぐ1歳@我慢を教える】

本日、もうすぐ1歳になるMix犬のお宅へ初回トレーニングに伺いました。
お悩みは、トイレの失敗、吠える、人や物を噛む、リードを引っ張る、拾い食いなどなど・・・・しつけが上手くできない、とのことでヘルプのご連絡をいただきました。

ご訪問時すぐはケージ内で静かだったため「おとなしい」と思ったのですが、その後すぐに吠え出しました。目が合ってすぐではないので、フレンドリーなワンちゃんのケージから出たい要求吠えです。まだ1歳手前ということもあり興奮しやすく、落ち着きない様子でずっと吠え続けてしまうため、お話がしづらい・・・・(^-^;  “【もうすぐ1歳@我慢を教える】” の続きを読む

ほえる, basic, outdoor training

【他犬に慣れる】

ここ数年、毎年春休みにキャンプに出掛けている我が家。
子供たちの学校が違うと休みも合わないため、混雑する夏休みやGWを避けた結果、近頃はすっかり年1回どまりになってしまいました。
花粉症の私には少々辛いところもあるのですが、終日マスクを付けて2泊3日のアウトドア生活を過ごします。

今年はお仲間ワンが1匹お供しました。
ちょっとフレンドリーさに欠ける子なので、最初は我が家のワン&ニャンとの関りもおっかなびっくりでしたが、すっかり慣れてくると積極的に彼らのところに行くようになり、臭いを嗅がれることが嫌いな我が家のキャビィに「ウ~!」と唸られてもめげずにいられるほどでした。

img_3900

数日一緒に過ごすとずいぶん変わるものですね。
今も、何匹か犬に吠えてしまうお悩みのワンたちをトレーニングしていますが、キャビィに会わせて少し慣らした後、他犬への印象が変わったようで、その後ほぼ吠えなくなっている犬もいます。

img_3921

今月の週末グループレッスンには他犬に吠える大型犬も来る予定。吠え自体はトレーニングで抑えているのですが、鼻息荒くやる気満々の態度で相手を刺激してしまう傾向があり、結果相手に吠えられやすくなってしまいます。
仲良しになった犬とはうまく遊べる子なので、最初に威嚇吠えされて、お散歩道中出会う犬への印象が悪くなっているのでしょうから、グループで優しい子たちに会うことで、以後の改善につながることを期待しています。

グループレッスンでは、他の犬が苦手な子たちがどんどん改善されています。お散歩道中ワンワン激しく吠えていた子でも、すっかり吠えなくなった子も沢山います。臭いを嗅がれるのは苦手で相手と接することは出来なくても、お散歩道中冷静に通り過ぎることができれば十分合格だと思います。

ドッグランではどんな子が来るかわからず、かえって怖い思いをさせてしまうケースも多く耳にするためそこで慣らすことはお勧めできませんが、やさしく穏やかなワンに会う機会を作ることができれば、きっと犬のストレスと吠えは軽減することでしょう。

そのような機会を是非作ってあげてください。

おさんぽ, ほえる

【他犬に吠える】

本日は、「お散歩中他犬に吠えてしまう」2歳の小型犬のお宅へ行ってきました。

最初に室内でお話を伺いましたが、飼い主様はとても熱心によくしつけられていて、室内での音への吠えは近頃ずいぶんよくなってきているとのこと。現在行っている対応も問題ない対処法なので、徐々に減ってきているのであればそのまま続けていただければさらに良くなってくると思います。

ただ、お散歩中犬に吠える場面では、室内と同様の対処法では通用しないやり方なので、リードが付いている散歩中ならではの方法をお伝えしました。
リードを一瞬シャープに引いて、その後は緩めた状態をキープすることを鉄則として、音を使い、リードと音のダブルの対処でおこなうのですが・・・・

「多摩川が近いのでそこまで行けば何匹かに遇えると思います」と言われていたのに、いざ行ってみると、まあ犬に遇えないこと遇えないこと・・・・相手あっての問題行動なので、犬に遇えなければ全くお話になりません。
結局30分以上も犬探しのためにウロウロし続け、トレーニング時間を延長して別の道へ向かい、ようやくトータル3匹のワンに遇うことができました。

リードのみの対処では反応が悪かったので、すぐに音も併用し、その後は殆ど吠えずにやり過ごすことができました。

トレーニングを終え帰路につくと・・・・すぐに目の前に1匹。そこから50m以内に3匹。最終的に先ほど遇えなかった河川敷までの間に6匹ものワンコにほんの5分以内に遭遇。時間帯かな・・・・?まあでも、時間延長して3匹のワンコに遇えて本当に良かったです。

チャイムへの吠えなら音を出すのは簡単ですが、犬に吠える場合だけは、犬に遇えないとあまり意味がないので困りますね・・・・(^-^;