basic, indoor training

【トイレトレーニング】

本日、迎え入れて1週間のチワワちゃん3ヶ月のトレーニングに行ってきました。3ヶ月になったばかりの、体の小さいとってもかわいらしい男の子、お困りはまたまたトイレ問題。飼い主様は外国人の方で、以前1歳過ぎの犬を譲り受けたもののトイレが一切できておらず、またほかのお友達に譲ってしまい、今回新たに子犬を迎え入れたとのこと。

迎え入れて1週間、やはりトイレが思うようにいかず、ヘルプのご連絡をいただきました。以前の失敗を受け、今度は手放すことのないように、早めに対応することを決められたようです。
トイレトレーニングは、「失敗をさせず、成功を積み重ねることによってのみ教えられる」ものなので、失敗の期間が長くなればなるほど習慣化して教えにくくなりますから、早めにご連絡いただけて良かったです。

現状特に教えるようなことはしておらず、ただ「ケージの中のトイレに戻ってしてくれない」とのことでしたが、ケージから出してフリーにしているときに、ケージの中のトイレまで戻ってしてくれる子は、かなり少数派。2割もいないのではないでしょうか?
ケージの中にいる時は、ベッドを汚したくないのでベッド以外のスペース=トイレトレーにしてくれる子が殆どですが、フリーにしているときにわざわざ寝床の横でしようとは、本来思わないのが普通です。  “【トイレトレーニング】” の続きを読む

広告
basic, indoor training

【マウンティング】

1歳を迎え、現在はグループレッスンと月1回程度の個人レッスンをおこなっているMシュナちゃん。1ヶ月ぶりの個人レッスンでご自宅に伺い、近頃の様子を伺うと・・・・最近、ご主人様と奥様の腕などに「マウンティング」行為をするようになったとのこと。

幸いやり始めてまだここ数日とのことですが、すぐに対処が必要です。
ご自身でもネットで調べてみたようですが、「遊びたがっている」などの情報もあって、飼い主様もどう判断してよいかわからず、早速私に報告。

マウンティングは、同居あるいは兄弟犬などが犬同士でお互いにやりあって互いを認め合い関係性を築いている場合もありますが、どちらかが一方的におこなう場合には、そのまま自然に任せておくと、上に乗っている方が上位になる傾向があります。最初はコミュニケーションの一環としておこなっている可能性もありますが、そのままにしておくと「飼い主はここまで許してくれる」と徐々に勘違いする様になる場合もあるため、やめさせておいた方が賢明です。

そして特に、今回のシュナちゃんの場合その月齢が問題だと感じました。  “【マウンティング】” の続きを読む

basic, indoor training

【ハウストレーニング】

一昨日トレーニングに伺ったMダックスちゃん(写真はラブですが・・・・)。

先代が亡くなり2匹目のMダックス。そして先代では教えられなかったハウストレーニング。さらに飼い主様は「夜寝る時は一緒に寝たい。これは譲れない!」と、迎え入れて1週間後に伺った初回ご相談時からおっしゃっていたので、ハウスのしつけはおこなわない方針で進めていました。

ただ、私達トレーナーは、行政が行っている「動物取扱責任者研修(義務研修)」などでは、「震災時などのことも考え、ハウスのしつけや持ち出し袋への犬用品の準備などを飼い主様に呼びかける」よう、指導を受けています。そのため、そのような内容は飼い主様にお伝えしておきました。飼い主様も、無理のない範囲で教えられるのであれば、徐々にはやってみたい。とのご意向でした。

それから1ヶ月半、何度か室内&室外でのトレーニングをおこなっていましたが、一昨日突如、やはりハウスを教えたいとのお言葉。
理由を伺うと、犬連れで泊まれるペンションなどの情報を見ていると、その多くに「ハウスのしつけ」が必要だと書かれているとのこと。私のお客様の中には、ケージレスで泊まれるところだけを厳選し、犬との旅を楽しんでいらっしゃる飼い主様もいるのですが、やはりそれでは選択範囲もだいぶ狭まるのかも知れませんね。  “【ハウストレーニング】” の続きを読む

indoor training

【あてションさせないために】

およそ2ヶ月前、トイレ問題と手や家具を噛む、とのことで初回トレーニングに伺ったMダックスちゃん。ここ数回は室内での問題はほぼ解消されたとのことで外レッスンをおこなっていたのですが・・・・

玄関先で近頃の様子をうかがうと、その後出ていた要求吠えなどもずいぶんクリアされてきているものの、幾つか気になるお話も。その中でも極めつけは、いわゆる「あてション」とみられるタイミングでの絨毯への粗相。実はMダックスちゃん、私の経験上「あてション」する子の多い犬種。

あてションは日ごろの飼い主様の接し方により、自分の要求が通ると思い込んでいる場面や、当たり前と思っているタイミングでそれがかなわなかった時などにやるケースが多く、すなわち犬がその状況に納得していない時に出るものです。  “【あてションさせないために】” の続きを読む

indoor training, outdoor training

【道具選びも重要】

先週猫や大型犬をみると吠えてしまうワンの1回目の外トレーニングをしましたが、その後ほとんど吠えなくなったとのご報告。確認と新たな注意点をチェックするため2回目の外レッスン(散歩)へ・・・・

詳しくお話を伺うと、お貸しした首輪もこのワンには合ったようで、元の革首輪に戻した時には吠えたとのことでした。飼い主様は若干ご年配の方で、力もスピードもどうしても不足するため、首輪やリードなどの道具を選ぶこともとっても大事。簡単に言うと、車のハンドルを握る時、昔ながらの重ステハンドルを握るより、パワステで運転した方が、軽い力で楽にコントロールできる!というイメージです。

他にも、大型犬を自転車引きでお散歩されたい場合などにも、足が地面に付いておらず踏ん張りがきかない分、首輪やリードの種類を選ぶことをお勧めしています。  “【道具選びも重要】” の続きを読む

basic, indoor training

【パピーレッスン】

お昼前、新規お問い合わせのお電話があり、週末がご希望とのことで、急きょ当日初回ご相談に伺うことになりました。

飼い始めて1ヶ月程度のチワワちゃん。お悩みは、「要求なき」と「トイレ」問題です。お伺いすると、リビングのソファを境に仕切りがあり、さらに犬ケージ側のエリアが1/3ほどで区切られ、ケージ周辺に犬専用のスペースが作られています。これはまさに、私がいつもお勧めしている理想的なスペースの作り方です。ただ、トイレが不安定なうちは狭い方が教えやすいので、この区切られたスペースを有効活用しつつも、トイレが安定するまでの間の注意点をお伝えしました。  “【パピーレッスン】” の続きを読む

indoor training

【はみション問題】

本日は生後10ヶ月小型犬の初回ご相談に伺いました。

お悩みは、トイレに行ってくれるものの後肢がトレーに乗っておらず、結果的にはシート&トレーからはみ出してしまう、というもの。いわゆる「はみション」です。このお悩み、意外に多いですね。実は我が家のレトリバー「キャノ」も来て間もない頃はこのパターンでした。

この問題解決については、犬の行動パターンを見て対処していく必要があり、なかなか一筋縄にはいきません。今回も一度電話でアドバイスしてやってみていただいたのですが、結果としてはあまり直らない、それどころかかえってトイレに入らないでしてしまうことも増えた、とのことで急きょお伺いすることとなりました。  “【はみション問題】” の続きを読む