basic, Uncategorized

【ご長寿さん】

日中何度か電話がかかってきましたが、仕事中のため出られませんでした。
その後、同じ番号の方からメッセージ。

それは、フラットCR「キャノ」の子供を連れて行った方(飼い主様の代理人)からでした。主人の実家で飼われていたジノの姉妹犬でもあるその子が、先週6/9に享年16歳と2ヶ月で亡くなった、とのご報告でした。フラットで16歳はかなりのご長寿です。ラブやゴールデンでは15歳を超える子もボチボチ聞きますが、それと比べるとフラットは比較的短命な印象。9歳10歳で亡くなった生徒ワンも多くいます。そんな中では、今回の子犬の母キャノ(13歳2ヶ月)と父ジーニアス(12歳10ヶ月)は比較的優秀な方でした。

ジノは10歳10ヶ月でしたが、その後3匹の女の子たちは13歳前後まで頑張りました。今回の飼い主様とは直接の面識はなく、「連絡がないだけ」と勝手に思い込んでいたため、16歳を超えていたなんて・・・・本当に驚き、面識のある代理人の方に折り返しお電話して色々お話を伺いました。

その方と話をして思ったのは、(代理人の方のアドバイスにより)飼い主様の対応、食べさせていたものが良かったから、長生きできたのだろう。ということ。元々はかなり太らせてしまい11~12歳頃?にはもう歩きづらくなってきていたのだそうですが、ちょうどその時期、旅行で預かったために食の改善と運動をおこないダイエット。それ以後太らせないよう食べさせるものには気を付けていただいていたようです。このお宅では以後、ドッグフードは使いませんでした。生肉と野菜や果物などを与えていたそうです。酵素たっぷり、低脂肪高たんぱく。理想的なものでした。

私も、キャノのアレルギー以後、現在はフード信者ではありません。
キャビィは最初お肉でずっとお腹を壊していたためフード使用ですが、それも改善されるのだそうです。見習いたいですね。加工食品は人間のものでも、天然のもの以外ではかなり怪しいものが多く、息子のアレルギーで一生懸命勉強したころを思い出しました。

改めて考えさせられます。素晴らしいご連絡をありがとうございました!

img_4370

※ フラットCR@フラットコーテッド・レトリバー

広告
basic, Uncategorized

【納骨】

1年前、先代を亡くされた飼い主様のお宅へ昨日トレーニングに伺った際、突然「やっぱり先代の骨を埋めることにしました」と言われました。実は少し前に、「今後お骨をどうされますか?」とお声を掛けたお宅だったのですが、先日の私のブログを見て決意されたとのこと。

でも正直、この子を亡くされてからかなり落ち込んでいましたし、当初自分では「もう犬を飼うつもりはない。」と言う感じでしたので、ずっとお骨を手元に置いておきたいだろうと思っていましたから、飼い主様が自身で決断されたことにはとても驚きました。

本日、埋葬したとご報告をいただきましたが、なんだかとても吹っ切れた様子がうかがえました。一部割愛してご紹介します。  “【納骨】” の続きを読む

care, Uncategorized

【免疫介在性溶血性貧血】

久しぶりに伺ったMダックスちゃんのお宅での更に更に続きのお話・・・・
現在、御年15歳を迎え頑張っているメスのダックスちゃん。

実はこの子、7歳頃に「免疫介在性溶血性貧血」を発症しました。
異変に気付き動物病院へ連れて行った時(1~2月頃?)には、「この数値でご飯食べたの?」と驚かれるほど赤血球の数値は異常に低下していました。すぐに輸血をおこないましたが、溶血性貧血なので当然、しばらくするとまた数値は下がってしまいます。2度ほど輸血をおこなった時に、獣医さんからは「年内持つかどうか・・・・」と言われ、「過去この病気にかかったワンちゃんに心当たりありますか?」と、私のところにメールが届きました。

当時この病名さえ初耳の私でしたが、「ダメ元覚悟で」と、キャビィのかかりつけの動物病院をご紹介しました。  “【免疫介在性溶血性貧血】” の続きを読む

Uncategorized

【愛犬の供養】

昨日、久しぶりに伺ったMダックスちゃんのお宅でのお話の続き・・・・
ご自宅へお伺いした際、リビングに愛犬のお骨が置かれていました。

先代を亡くされて次のパピーを迎え入れたお宅へ伺うと、殆どのお宅では、亡くなって数ヶ月が経過していても、ご自宅内のリビングや寝室などに愛犬の骨壺が置かれています。

ペット霊園や庭に埋めたお宅もありますが、それはごくごく少数派。

中には、本当は庭に埋めてあげたいのだけど、自分たちがずっとこの家に住むかわからない。という不安や、マンションのためそもそも庭がない。など、本当は埋めてあげたいけど、やりようがない。という方もたくさんいらっしゃいます。

ただやはり、自宅内に置くことは、供養としては理想的な形ではない。
と思います。

とは言え実は自分も、キャノとフィオのお骨を自宅内に置いていました。

「お骨は、絶対に家に置いてはならない。埋めることが理想。」

彼らが亡くなる前からずっとそう思ってはいたのですが、 “【愛犬の供養】” の続きを読む

Uncategorized

【愛犬が亡くなり思うこと】

十数年前、2匹のMダックスをトレーニングしたお宅へ、久しぶりに顔を出しました。昨年11月、ちょっと年上のオス犬が14歳で亡くなり、今は15歳を超えたメス犬が頑張っています。

3月に、「渡したいものがあるから」と週末のグループレッスン日にレッスン場所までいらしたことがありますが、その時、亡くなったオス犬に見た目も性格(反応)もそっくりのMダックスがいたため、遠くでひっそりと号泣してしまいました。

レッスン後、何名かの「先代を亡くされ、現在2匹目(数匹目)を飼われている飼い主様たち」と合流し、様々な方たちのご意見を伺ったりして、気持ちの整理や今後の参考にされていらっしゃいました。
まだまだ先代への思いの強い飼い主様が多く、「辛い思いをしているのは自分だけではないんだ!」と気持ちが楽になったそうです。

ご自身の中では次の子を飼うか、犬種選びと併せて色々と迷うところも多いようですが、やはりいずれは次の子を迎え入れるおつもりのようです。  “【愛犬が亡くなり思うこと】” の続きを読む

パピー, Uncategorized

【降参?】

このワンコ、私と目が合うたびにお腹を出してしまうんです・・・・

お転婆なパピーちゃんだけど、案外穏やかなトーンで扱いやすくしつけやすい子なので、それほど大した対応はしていないはずなのですが・・・・

このお宅には、チャイムなどに吠えてしまう犬がいます。どうやら、その犬の吠えへの対処を間近で見ていて、すっかり私に服従してしまったみたい。

この子にはまだ殆ど何もしていないのに、すぐ降参してしまいます(^-^;